Our History

 

2014.7 山形県小国町で開業。荒川・玉川でラフティングツアーを開始

2016.7 小国町での営業が複数の要因により困難となり、一時的に長野県栄村に移転・千曲川で営業

2017.7 山形県朝日町の旧送橋小学校にベースを移し最上川でラフティング営業開始

2019.6 朝日町のふるさと納税返礼品としてラフティングツアーを提供

2021.5 新アクティビティとしてパックラフトツアー開始
​2021.7 岩手県奥州市に2店舗目の臨時ベース開設、期間営業開始

RUSTICA  【ラスティカ】​
朝日ベース(本店) 期間営業 4月~10月

〒990-1422 山形県西村山郡朝日町送橋461

奥州ベース(臨時支店) 期間営業 8月

〒023-0403 岩手県奥州市胆沢若柳天沢52-7 ひめかゆ温泉ふるさと館

オフィス 通年

〒990-1422 山形県西村山郡朝日町宮宿813

共通電話:080-8219-6119 共通FAX:0237-84-0189 

全ツアー共通加入保険

傷害保険

死亡・後遺障害: 最大500万円
通院日額: 2500円

入院日額: 5000円

賠償責任保険

1事故最大: 5億円

1人最大: 1億円 

主要取引先

・朝日町

加盟団体

・朝日町観光協会

・朝日町商工会

掲載ポータルサイト

・じゃらん

・アクティビティジャパン

・VISIT YAMAGATA

代表者

阿部 岳志

ラスティカについて

私達は東北にこだわっています。豊かな自然、本来あるべき姿の景色、親切な人々、素材の味がする食事、ゆっくりとした時間。都会では見失いがちなモノが、東北の田舎にはまだあるんじゃないでしょうか?

屋号ラスティカは英語の「Rustic」を語源として選びました。「田舎モノ」や「素朴」「粗野」のニュアンスです。シャイで無骨でありながら魅力的な東北人をイメージしています。

 

ラスティカにはふたつの願いがあります。

「素晴らしい東北の自然の中で、身体を動かし、五感のすべてを使って遊ぶ事によって、都会に住む多くの人たちに自然の素晴らしさや、東北の田舎の楽しさを感じてもらいたい」

「東北に住む方々に、いつもとは違った遊び方・アクティビティを楽しんでいただくことで、東北の自然の素晴らしさ、地域の良さを、視点を変えて感じ、誇りに思っていただきたい」というものです。

私たちができること。

ラスティカの代表は福島出身で、群馬みなかみ、埼玉長瀞、東京奥多摩などの河川のラフティング会社で就労し、ラフティングガイド、ツアーリーダー、ガイドトレーナーとして10年ほど活動していました。SUPやキャニオニングについても触れ、学ぶ機会に恵まれました。
 

私たちラスティカは関東の会社での学びをもとに、一歩目にラフティング、2歩目にパックラフトと、提供するアクティビティサービスの数を増やし、歩みを進めてきました。

 

東北には多くのアウトドアレジャーの可能性があると考えています。この地で体験できる様々な遊びを考え提供し、改善を重ね、お客様が安全に「東北最高のアウトドア体験」ができるよう、今後も努力をしていきます。

2011年東北には不幸なことが起きました。中には東北を訪れることを敬遠されている方もいらっしゃるかもしれません。私たちはアウトドアの遊びを通して、多くの方々が東北の自然と触れ、自然の素晴らしさ、東北の素晴らしさを感じていただくことを願っています。それによって少しでも多くの方々が東北へ足を運んでいただけたなら、それはもう、うれしい限りです。

 

遊ぼう。東北のそらのした。